不動産の所有権移転登記手続き

スポンサード リンク



不動産の所有権移転登記手続き

離婚の財産分与で不動産を受け取った際は、必ず不動産の所有権移転登記手続きをしなければなりません。いわば名義の変更です。

 

この手続きは、不動産を渡す側と受け取る側の双方が合意したうえで、双方の申請によって行われます。

 

実際に不動産を受け取ることになった場合は、譲渡者から手続きに必要な書類を受け取るようにしなければなりません。必要な書類は以下の通りです。

 

登記手続きに必要な書類
  • 所有権移転登記申請書
  • 固定資産評価証明書
  • 不動産分与を証明する協議書・調停調書
  • 譲渡者の印鑑証明書
  • 譲り受ける側の住民票
  • 権利証
  • 委任状(司法書士に委任する場合必要となる)

 

不動産の登記手続きについては、専門的な法律知識が必要であり複雑となります。一般の人が行うのは難しいので、登記手続きの専門家である司法書士に依頼することを勧めます。

 

借家・借地の名義変更手続き

 

夫の名義で借りていた賃貸マンション・アパートに離婚後も妻が住み続ける場合や、借地上に立つ不動産が財産分与の対象となることがあります。

 

このような事例では、借家権・借地権の譲渡という法律関係が発生するため、名義変更の手続きを行う必要があります。その際には、しっかり家主や地主に離婚した旨の事情を伝えて、了承を得るようにしましょう。

 

スポンサードリンク

不動産の所有権移転登記手続き関連エントリー

財産分与と慰謝料の違い
離婚問題に関して、財産分与と慰謝料の違いについて解説しています。
財産分与に含まれる要素
財産分与には、清算的、扶養的、慰謝料的、過去の婚姻費用の清算の4つに分けられます。それぞれについて詳しく解説していきます。
財産分与の対象となる財産
財産分与の対象となる財産は、結婚後に夫婦がお互いの協力によって築いてきた共有財産が対象となります。ここでは具体的に紹介していきます。
財産分与の夫と妻の清算の割合
財産分与について話し合う際の夫と妻の清算の割合について解説しています。妻の収入形態により清算の割合は異なります。
不動産などの財産の分け方
不動産などの財産分与では、財産の価値をお金に換える方法があります。財産評価の主な方法と評価時期の基準について紹介しています。
ローン付き不動産の財産分与
ローン付き不動産を分ける場合の計算の例を紹介しています。やや手続きが複雑なため慎重に考えておかなければなりません。
離婚で慰謝料を請求できるケース
離婚で慰謝料が認められるケースと認められないケースを紹介しています。離婚するからといって、必ず慰謝料を請求できるとは限りません。
離婚の慰謝料の算定と金額
離婚における慰謝料の算定要素と請求できる金額を紹介しています。話し合いで解決しない場合は、家庭裁判所に調停を申立てます。
財産分与・慰謝料と税金
財産分与・慰謝料の注意点として、支払う側と受け取る側の税金について紹介しています。現金の場合は課税されませんが、不動産や株式などは税金が発生してきます。
財産分与・慰謝料の請求期間
財産分与や慰謝料は、離婚が成立してから一定期間を過ぎてしまうと、請求することができなくなります。